介護付有料老人ホーム

###Site Name###

介護付有料老人ホームの相談の内容は、個人的なことや他の入所者に関すること、施設のサービスやスタッフに関することなど多岐にわたりますが、一つひとつの相談を真摯に受け止め、可能な限り解決に向けて対応していくことが求められます。

内容によっては施設内での調整や保険者である市町村、医療機関等との調整が必要になることもあります。

NAVERまとめを是非ご利用ください。

このような場合は、現場スタッフ・生活相談員など関係する職種を交えたカンファレンスを開き、解決の方向を導き出していきます。



ここで重要なことは、入所者・家族から直接相談を受けたスタッフが、曖昧な言葉や態度で応対してはいけないということです。

介護付有料老人ホームには説明責任があります。

求められたことに対して、自らの説明責任を他のスタッフに向けたり、相手が困惑するような対応をしたりすることは、入所者・家族の不信感を招くことにつながります。

特に介護現場では、入所者からの相談は、忙しいことを理由にそのままになってしまうことが往々にしてあります。


この言葉が日常的に重なっていくと、入所者は不信感というより諦めの感情を抱き、スタッフを信頼することができず、介護付有料老人ホームで生活する不振感を増大させる結果にもなりかねません。

スタッフにとっては些細な思われる言動でも、入所者の介護付有料老人ホームでの生活を左右しかねません。


このようなことにも配慮して、スタッフは入所者の日常生活に対する注意深い観察と他職種との綿密な連携を維持していく必要があります。