介護付有料老人ホーム

###Site Name###

介護付有料老人ホームで、入居者の方が風邪、またはインフルエンザをひかれてしまった場合には、スタッフの方が緊急に対策をおこなってくれます。

これは、インフルエンザの場合には、早急に面会などをストップし、二次災害、次にインフルエンザにかかってしまう人を予防するために、面会などに訪れる他の入居者のご家族の方なども、面会謝絶の状態にします。

goo ニュースの情報検索ができます。

インフルエンザの場合には、特にこのような介護付有料老人ホームでは、多くの方々が暮らしておられるので、感染拡大がとても怖いものであると同時に、面会に訪れたご家族様にも、うつしてしまわないように、スタッフは最善の注意をおこなわなければならないからです。

介護付有料老人ホームでは、このようにインフルエンザや風邪にかかってしまった入居者様、または何か高熱が出てしまった入居者様がおられる場合には、緊急で総合病院などに受診をしてもらい、スタッフさんが、そちらの総合病院などに入居者さんをお連れしていきます。



このようなとき、お体が不自由で、寝たきりの方に対しては、特別な車両などが使われ、お体の不自由な方でも乗ることが出来るように、福祉車両が使われての移動となります。



また、はやめにご家族の方に連絡を行い、いっしょに付き添ってもらうと同時に、もし万が一のことを考えてほしい、と伝えることもあります。
これは、介護付有料老人ホームに入居されている方の場合には、どうしても高齢であることから、風邪であっても油断が出来ないからです。